【西18丁目】寿司に使う赤酢の歴史と特徴 完全予約制・おすすめメニューをご提供 | すし姫沙羅

寿司をもっと愉しみたいと思いませんか?

こちらでは、寿司のことを知り心から愉しんでいただけるよう、赤酢の歴史・特徴と赤酢が身体に良い理由をご紹介します。西18丁目エリアで赤酢を使った寿司を提供しているお店をお探しでしたら、地下鉄東西線西18丁目駅から約600メートルの場所にあるすし姫沙羅をご利用ください。

完全予約制で、様々なおすすめメニューをご用意しています。ごゆっくりと寿司をお愉しみください。

赤酢の歴史・特徴

赤酢の歴史について説明している指

赤酢の歴史は江戸時代にさかのぼります。

その当時、造り酒屋の当主であった中野(中埜)又左衛門(食酢メーカー「ミツカン」の創業家・経営者)が、日本酒製造工程の副産物である酒粕から酢が作れることを発見したことにより誕生しました。赤酢を使用すると旨味の強い寿司が手軽に作れるようになったことから、江戸中の寿司店に広まり、赤酢を使用したシャリが根付いたのです。

酒粕から誕生した赤酢は、ほんのり茶色でまろやかなコクがあり、旨味成分を豊富に含んでいることから料理の味に奥行きが出るという特徴があります。その赤酢を使用した寿司を愉しみたい方は、地下鉄東西線西18丁目駅から約600メートルの場所にあるすし姫沙羅へお越しください。

赤酢が身体に良い理由~たっぷり含まれた2つの栄養素~

胸に手を当てて微笑んでいる女性

赤酢は味に深みがあるだけでなく、栄養たっぷりで身体に良いです。特に、私たちの身体に欠かせない「アミノ酸」と、健康維持をサポートする「クエン酸」が豊富に含まれています。

アミノ酸は皮膚や髪の毛、筋肉などタンパク質のもとになる栄養素の一つで、赤酢には100gあたり約200mg含まれています。

それからクエン酸は、エネルギーを生成する化学反応の重要な役割を担っています。この2つの栄養素がたっぷり含まれている赤酢は他のお酢同様に身体に良いため、栄養はどうなんだろう?と疑問に思っている方にもおすすめです。

西18丁目駅の周辺でひと味違う寿司を味わいたい方におすすめ~完全予約制の赤酢寿司~

赤酢の歴史と特徴、赤酢が身体に良い理由をご紹介しました。赤酢を使った寿司は、ひと味違う寿司を味わいたい方におすすめです。

西18丁目駅から徒歩約10分の場所に店舗を構えるすし姫沙羅では、ネタに合わせて赤酢と米酢を使い分けています。赤酢を使った寿司をおいしく召し上がっていただくために、おすすめメニューをご用意していますので、西18丁目の周辺にお越しの際はご来店ください。

営業時間は一部17:00~19:00、二部19:30~21:30の完全予約制です。ご来店の際は予約番号(090-6992-3247)からお気軽にお問い合わせください。

西18丁目で赤酢寿司を堪能するならすし姫沙羅

店舗名 すし姫沙羅
住所
〒064-0808 北海道札幌市中央区南8条西20丁目1-2
地下鉄東西線西18丁目駅から約600メートル
電話番号 011(520)5656
FAX番号 011(520)5658
予約番号 090-6992-3247
URL http://www.himeshara.jp/
営業時間
完全予約制
一部 17:00 - 19:00
二部 19:30 - 21:30
定休日 毎週水曜日